HAKU資生堂

HAKUは私には効きませんでした

HAKU

デパートの美容部員の方に進められて1年ほどHAKUのメラノフォーカスを使っていましたが、気になっていた目の下のシミには効果が見られませんでした。

 

美容部員さんには、もう1年続けてみると・・・って言われたのですが、高すぎて続ける気にならなかったんです。

 

高い分、効果が期待できると思ってたんですが、効果って値段と比例しないんですね。漂白するせいなのか刺激が強いみたいで、顔全体が赤くなることも・・。b.glenは抗炎症を考えられて作られているので、この赤みの炎症がでることは1度もありませんでしたし、1週間で肌のコンディションがよくなって、1ヶ月ほどでシミの効果も見られたので、今後もリピートするつもりです。

b.glenのトライアルキット

ビーグレン

最初はHAKUの失敗もあったので、あまり期待せずにb.glenのトライアルキットを試してみたんです。

 

シミへの効果も大事ですけど、まずは続けられるか2.3日試してみないとわかりませんよね。HAKUみたいに肌が炎症を起こしてしまうようならすぐに止めようと思って注文しました。

 

HAKUみたいにいかにも高級化粧品という感じはなくて、医薬品のような感じでした。
2,000円もしませんから、試すのにはありがたいですよね。

 

トライアルキットには、「透明肌対策の効果的な3ステップ」の商品と、保湿を高めるトリートメントマスクが2枚入っています。

b.glenを試す

抗炎症や保湿を高めてくれるという、「スキンローション」を手に取って臭いを嗅いでみると、やっぱり薬品のような匂いが。ひんやりとした付け心地で、ほてった肌を落ち着かせてくれるんです。

 

私は、HAKUで炎症起こしていたみたいで、このスキンローションでおさまりました。

 

もうこれだけでリピートする気になっていました。炎症を抑えるお薬、炎症予防と思って今も毎日使っています。

 

 

 

そして「Cセラム」。

活性化酸素を抑えたり消去してくれる美容液で、目の下にあるシミ以外は、このおかげでできなくなっている気がします。

 

オイルタイプの美容液だと思うんですが、
b.glenでも、かなり研究されて力の入った美容液なので、本当におすすめです。

 

くすんだ感じの印象だった肌が明るくなったのもこの効果だと思います。

 

 

 

 

最後に「ホワイトクリームex」。

ハイドロキノンという成分が、すでに出来てしまったシミを薄くしてくれる効果があります。皮膚科でも処方される成分ということなので、安心して使えました。香りなどの余計な成分が入ってないのも気に入りました。
目の下にあるシミをどうにかしたくて、HAKUやいろいろな美容化粧品を試したんですが、効果が見れたのはこれだけ。

 

私は2週間ほどで、
「あれ!?」
と気付くくらいの効果が見れました。これには本当に嬉しかったです。

 

シミ関係の美容化粧品は、誇大広告なんだと思い始めてましたから・・・。
今まで効果が出なかったシミの部分に何度も重ねづけしました。

b.glenの効果

b.glenを試してみて、「もっと早くに出会っていれば・・」と思ったのが正直な感想です。

今までは、有名な化粧品やボトルのデザインや広告などで決めていたような気がします。

 

今はネットで十分な情報収集ができますから、私のように失敗する方も少なくなっているかもしれませんね。

 

でも、本当に効果が出て、それが目に見えると、失敗しても何度もチャレンジしてきてよかったと思いました。私は少々遠回りしましたが、私のように悩んでる方がいらっしゃったら、迷わずb.glenを教えてあげたいと思っています。
1,890円で効果がわかるものって、正直少ないですよね・・。
1年くらい使わないと・・・って感じのものがほとんど。

 

人それぞれに合う美容化粧品があるのかもしれませんが、1ヶ月で効果が出ないものは諦めた方がいいかもしれませんね。

 

このb.glenのような医薬品のイメージのものって方向転換として、試してみる価値あると思います。